マンション売却 用意する書類

マンション,売却,用意,書類,マニュアル

マンション売却には事前に用意しとくべき書類がたくさんあります。後からあれがないこれがないなど言うトラブルがないように売却活動と同時に用意できる書類は全て揃えておくことにしましょう。役所や法務局等に取り寄せになる場合もあり、色々と大変ですが、このページではわかりやすくマンション売却で用意すべき書類を紹介します。

 

 

マンション売却で書類が必要となる3つの段階

マンション売却で必要となる書類は大きく分けて3つの段階で必要になります。その3つとは以下のとおりです。

  1. 査定を依頼する時
  2. 不動産会社と契約する時
  3. 売買契約を結ぶ時

 

必要となる書類も多種多様で簡単に列挙すると
権利関係、物件の詳細事項が記載された書類、税金関係など専門的書類など挙げられます。専門的な書類も多いため取り寄せるため時間がかかるものもあります。一日では揃えることは困難なので、早い段階から少しずつ揃えれる準備をしましょう。

 

 

 

①査定を依頼する時

査定を依頼する時

簡易査定

  • 特に必要書類なし

 

書類は必要ないが、住所、面積、間取り、築年数など最低限の物件情報は知っておく必要があります。

 

訪問査定
この段階では必ず必要なわけと言うわけではないがあると良い書類【任意】

  • 登記謄本
  • 構図
  • その他査定に影響する物件情報が記載された書類

 

簡易査定の場合は物件の基本情報だけで良いので特に必要となる書類はありません。簡易査定で必要な情報とは住所、間取り、広さ、築年数等です。

 

訪問査定でも必ず必要と言うべき書類は無いのですが、より正確な適正価格を出すためにも物件に関しての詳細な記載がされている書類は出した方が良いでしょう。(登記謄本や構図、測量図など正確に物件の情報が記載された書類等)

 

 

②不動産会社と契約する時

媒介契約

必要となる書類

  • 登記簿謄本(登記事項証明書)
  • 固定資産税納税通知書
  • 登記済権利証(登記識別情報)

 

なるべく準備ておいた方が良い書類

  • 売買契約書
  • 重要事項説明書
  • 建物の図面
  • 設備の仕様書
  • 耐震診断報告書
  • 管理規約(マンション)

 

登記簿謄本(登記事項証明書)について

登記簿謄本(登記事項証明書)は、不動産の所有権が誰であるかの証明書です。最近では登記簿謄本より登記事項証明書の利用が増えています。不動産がある地区を管轄してる法務局にて申請できます。

 

 

登記済権利証

登記済権利証とは言われる権利書の事になります。不動産の持ち主の証明書的な存在です。
この登記済権利証は、不動産の名義変更する時や住宅ローンの借り換えをする時、抵当権を設定する時などに法務局へ提出する書類です。
この登記済権利証は現在では発行しておらず登記済権利証がメインになってきています。この登記済権利証は売買契約の時に必ず必要となるとても重要な書類です。ただし多くの不動産会社では、媒介契約を結ぶときに提示を求められます。
もし紛失してしまった場合は司法書士に依頼して「本人確認情報」を作成してもらえば大丈夫です。ただし、数万円程度費用がかかります。

 

 

固定資産税納税通知書

固定資産性納税通知書は固定資産税の支払い額を通知する紙です。毎年春先になると送られてきます。紛失した場合は管轄の市役所に再発行してもらってください。

 

 

 

ここでは不動産会社と締結する際必要となる書類を紹介してきましたが、ここでは不動産会社と締結する際必要となる書類を紹介してきましたが、それぞれの不動産会社により多少提出する書類が異なってくる場合もあります。権利証と納税通知書は必要となりますが必ず不動産会社の言われた提出する書類を出して下さい。ここに記載したのはあくまでも目安です。

 

 

③売買契約時に必要となる書類

権利証

必要書類

  • 本人確認書
  • 銀行口座の通帳
  • ローン残高証明書
  • 住民票
  • 実印と印鑑証明書
  • 登記済権利書(登記識別情報)

売買契約時に必要となる本人確認書は免許証又はパスポートがあれば問題ありません。住民票や印鑑証明は有効期限があるのでしっかり期限内か確認しましょう。ローン残高証明書は住宅ローンの残債がある場合のみ必要です。

 

 

 

なるべく用意したが良い書類

  • 建物状況調査(インスペクション)の結果報告書
  • 瑕疵保険の保険付保証明書
  • 耐震診断結果報告書
  • 既存住宅に係る建設住宅性能評価書
  • 建築士法第20条第2項に規定する証明書(構造計算書)
  • 住宅耐震改修証明書
  • 増改築等工事証明書
  • 耐震基準適合証明書
  • マンションの管理規約
  • 固定資産税減額証明書
  • 耐震診断報告書
  • 設備の説明書
  • 物件のパンフレット

必ず全て必要と言うわけでは無いのですが、基本的に物件に関しての情報が載っている書類は全部出した方が良いでしょう。ただし無理にそれようとしてもキリがないので揃えられる範囲で構わないと思います。また細かい必要書類に関しては不動産会社が用意してくれます。

 

 

マンション売却で用意する書類のまとめ

マンション,売却,用意,書類,マニュアル

マンション売却で用意する書類をお伝えしてきました。マンションを1つ売るだけでいかに必要書類が多いのかわかったと思います。全てが必要と言うわけでは無いのですが、詳細な情報が出ている書類はなるべく揃えた方が良いです。1日や2日では全て揃えるのは難しいので、マンション売却の活動を決めたらすぐに手配するようにしておきましょう。特に権利書(登記事項証明書)はとても重要な書類で、万が一バイバイ契約時に紛失した状態ですと、買主、司法書士の先生、各不動産会社すべての方に迷惑がかかってしまいます。まずは権利書(登記事項証明書)の確認だけは最初にしておくと良いです。

 

\不動産一括査定をするならココ/

ホーム4U

▼公式サイトはこちら▼

 

 

調布市でマンション売却 トップページ