悪徳業者 不動産売却

悪徳業者かチェックする方法を紹介します!

で悪徳業者の見極め

以下の方法で悪徳業者を見極めていきます。

 

  1. 業界団体に加盟しているか?
  2. 営業年数は何年か?
  3. 会社名で検索

 

①業界団体加盟の有無

不動産会社が業界団体に加盟しているかチェックしてみましょう。大概ホームページに掲載されています。また複数の業界団体に加入している方がより信頼度はある思って良いと思います。これらの業界団体は何かトラブルが起きた際対応してくれます。クレームの窓口という一面もあり何かあった時の考えると安心できます。

 

不動産会社の業界団体一覧

  • 社団法人不動産協会
  • 全国宅地建物取引業協会連合会
  • 宅地建物取引業協会連合会
  • 社団法人日本住宅建設産業協会
  • 社団法人不動産流通経営協会

などがあります。
これらの業界団体は誰でも入れると言うわけではありません。一定の審査がありますので悪徳業者はまだ入ることができないでしょう。
悪徳業者

 

 

②営業年数は何年か?

運営歴の長さは信頼の証でもあります。運営歴が短い会社よりかは長い方が信頼できると言っても良いでしょう。運営歴を調べるにはホームページを見てみるといいでしょう。ただし必ず運営歴を表示しているとは限りません。しかし免許番号がわかれば、どれくらいの運営歴か分かります。大概どこのホームページを見ても免許番号が載ってます。

 

その免許番号の中の()の中の数字が重要です。実はこの数字は宅建業免許の更新を表しており、例えば(4)とあれば、4回免許更新が行われているわけです。免許の更新時期は、1996年4月1日以前は3年ごと。

 

1996年4月1日それ以後は5年ごとの更新となっています。このことから(1)の会社は、まだ免許を取得し5年以内の若い会社という事が分かるます。悪徳業者が何十年も同じ会社名で継続しているのは考えられないので、1つの悪徳業者かのチェックする目安にはなると思います。

 

免許番号の記載がない、そもそもホームページがないというケースもあるかと思います。その時点で極めて悪徳業者の可能性が高いので絶対に選ぶべきではありませんが、しっかりと調べることができます。

 

免許番号は、国土交通省のサイトにある「宅地建物取引業者 検索」というサービスを利用して調べられますので万が一ホームページがない場合はココでチェックしましょう。

 

 

 

 

③会社名で検索

会社名で検索してみましょう。大体ネガティブな情報はネットにも出てることが多いので会社名で検索するとどのような会社か分かります。
より具体的にチェックする場合は会社名+口コミ、会社名+行政指導、会社名+評判などで検索してみましょう。

 

そもそも悪徳業者は小さな会社でしかも運営歴が短い会社が多いのでネットの情報が少ない傾向もあります。そのような場合は直接、国土交通省のネガティブ情報検索システムというサイトを利用して調べましょう。過去5年間の行政指導の有無が分かります。

 

安心な方法は不動産一括査定を利用することです。大手の不動産一括査定サイトですと何かしらの悪徳業者対策がなされていますので、一括査定サイトから選んだ会社を選べばリスクを減らすことができます。


 

調布市でマンション売却 トップページ